ニキビ化粧水と口周りのニキビ│効果的な予防対策について

ニキビ化粧水の情報サイト - 口周りにニキビがよくできる‥

ニキビができる場所は、加齢と共に上から下へと変わってくると言われています。例えば、思春期の頃には、額から鼻にかけて多くみられますが、20代~の大人になってできるニキビは、口周りや顎、首周りなどに多くみられます。
ニキビ跡を消すために大事なこと

特に口周りは、成人してからよくできる‥と感じる人も多い傾向にあり、大人ニキビの代表格でもあります。思春期のニキビは、成長期にあたるホルモンバランスが大きく関係していると考えられていますが、大人ニキビの場合は、特定できる要因が定まっていないので、完全に治癒するには時間もかかるようです。

洗顔などのスキンケアのみでは短期的改善は見込めないことも多いので、日頃の食生活や皮脂対策及びメイク対策など、あらゆる角度から改善していく必要があります。少々根気のいることですが、ニキビ跡を残さないためには、それなりの努力が必要ということです。

食生活による対策としては、糖分、油分に偏った食事をせずに、野菜を多く摂ってビタミンを体内に取り込むようにしましょう。特に、ビタミンB群は欠乏するとニキビができやすくなりますので、意識して摂取するようにしましょう。

皮脂対策としては、過剰な皮脂を肌に残さないように入念な洗顔が必要です。特にクレンジングは充分にしないと、肌に残ったメイク汚れが毛穴を詰まらせる原因になります。また、水分不足のお肌は、皮脂を過剰に分泌させてしまいますので、肌の保湿は重要です。

メイク対策としては、油分が多く含まれているクリームタイプのファンデーションは避けて、油分の少ないパウダリーファンデーションを軽く肌にのせる程度にした方がいいでしょう。そして、必要ないときは、すぐにメイクオフするなど出来るだけ肌に負担をかけないような工夫も大切です。

只、女性の場合、生理前になると必ず口周りにニキビができるという方もいらっしゃいます。このようなタイプの方は、一時的に発症するニキビである可能性が強いので、自然にニキビが治まるのを待つしかありません。
美的

それ以外にも、胃腸障害やストレスなども口周りのニキビの原因とされています。「胃の調子が悪いと思っていたら、顎や口周りにニキビができていた」というのは、まさしく胃腸障害によるものです。こういった場合は、胃腸が健康になれば、自然にニキビも治まってきます。

鼻・胸・お尻のニキビについて

色んなところにできるニキビ。ここでは、「鼻」「胸」「お尻」にできるニキビについてご説明してみましょう。

■鼻のニキビ

成長ホルモンが過剰に分泌される思春期によくみられるニキビです。思春期はホルモン分泌が盛んで乱れやすいものです。それに伴い、皮脂分泌も過剰になります。特に鼻の周辺は皮脂分泌が盛んなので、毛穴が詰まりやすく、鼻ニキビができやすいと言えます。

黒くポツポツとしたものが鼻頭や小鼻にみられたら、鼻ニキビである可能性が強いので要注意です。ニキビは初期段階(黒ニキビや白ニキビ)でのケアが大切です。炎症を起こさないように、しっかりとケアしましょう。洗顔の後、化粧水を使用する際にはオイルコントロール効果の高いものを選ぶようにしましょう。

中には、黒いポツポツを毛穴パックで取ろうとする方もいるようですが、毛穴パックは角質ケアの商品なので、黒ニキビに使用しても何ら効果はみられません。無駄に角質を剥がすだけで、かえって肌を傷めてしまう結果になります。

■お尻のニキビ

脂肪の多いお尻にできたニキビは、部位は違えど顔のニキビと同じものです。只、お尻のニキビは治癒するのに少々時間がかかりますので、ニキビ跡になってしまうこともあります。ですから、出来るだけお尻にニキビを作らないように、日頃から気をつけるようにしましょう。

汗をかいたら、こまめにショーツを着替えるなど、お尻の汗を放置しないように工夫して、清潔にしておきましょう。また、お尻にニキビができる原因は、生活習慣や食事、ストレスも関係しています。

ストレスを溜めない、良質な睡眠をとる、野菜をいっぱい食べる、といった点に気をつけて、お尻ニキビ予防をしてください。しかし、お尻ニキビの治りがあまりにも遅い場合は、ニキビでないことも考えられますので、皮膚科を受診した方がいいでしょう。

■胸のニキビ

男女共に皮脂腺が多い胸は、ニキビが発症しやすい部位です。皮脂腺が多いということは、それだけ皮脂の分泌量も多いので、毛穴が詰まりやすいもの。常に清潔にしておくように意識することが大切です。

下着は吸収力のある綿素材を選び、汗をかいたら着替えるようにしましょう。特に女性の場合、胸の谷間は汗が溜まりやすく、細菌が発生しやすいので、汗をかいていたらタオルでサッと拭き取るように習慣付けましょう。